08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ぱん母

Author:ぱん母
歓迎光臨!
中国(吉林省)出身のパパと日本人のママの間に生まれたぱんぱん(9歳 女の子)のこと、最近はまっているパンや刺繍のことなど、日々つれづれに綴っています。

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

いまなんじ?

最近の記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリー

ブロとも一覧


☆りんごの木の下で☆

お気に入りの場所です

ポチっとよろしくです

ランキングに参加してみました







にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

こちらもぽちっと

クリックすることで募金になります。 クリックした方の負担はありません。

今日はどんな言葉?


presented by 地球の名言

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

2006/10/24から

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばにらくっきー2

2006.09.27 23:08|ぱんぱん
先週から始めた親子でお菓子作り第二弾です。
先週のクッキーがちょっとボサボサだったので
それはこちら→ばにらくっきー
今日はバターのネリネリをがんばってみました。
そのせいか、今日の生地はいい感じ

20060927225417.jpg


先週の写真の使い回しじゃありませんよ
今日は型抜きをして上にチョコをのせるとこまで
させてみました

20060927225429.jpg


でも、あれれ?? 
生地まではいい感じだったのにちょっと焼きすぎたみたいです・・
ちなみに先週は

20060919221113.jpg


こんな感じ  

なんだか、高校生のときの美術の時間に
デッサンを描いているときは
「おお~ 良いですねぇ」
と絶賛していた先生が色を塗り始めたとたん
「ありゃ・・」
と一言残して去って行かれた時のさみしさを思い出すような
作品です。

まぁ いいんですけどね、目的はあくまでも
「ぱんぱんと楽しくお菓子作り」
ですから。

そして我が家に新しいドアホンがつきました。
20060927225441.jpg


これを「ピンポーン」と押して
名前を言わないと通してもらえません。

ちょっとメンドクサイです。
スポンサーサイト

テーマ:おいし~い♪
ジャンル:育児

お食事会

2006.09.24 22:52|中国
あちこちから金木犀の香りがしてきて
やっと秋が来てくれましたね。
春生まれの私ですが、季節は秋が一番おちつきます。
ぱんぱんの肌も今までで一番調子が良くてこのまま
治っちゃいそうな感じです

さて、この前の土曜日は義妹家族をお招きして
お食事会をしてみました。
メニューは
 ジャガイモと豚肉炒め・・細く切ったジャガイモと細く切った豚肉を
                醤油と鶏がらスープで炒め煮したもの
 牛肉とキノコ炒め・・牛こまと長ネギとキノコ(しいたけ・しめじ・えのき茸)を
            醤油とオイスターソースで炒めたもの
 キャベツと長ネギのギョーザ(先週作って冷凍しておいたもの)
 中華風コーンスープ
コドモ用に
 鶏のから揚げ
 おにぎり
 マカロニサラダ

ふう~ 気がついたときにはもう宴会が始まっていたので
写真はナシです。

中国人と結婚してはや五年。 
やっと認めてもらえるようなギョーザと料理が作れるようになった
みたいです。

義妹一家は割と近くに住んでいて、 ときどきご飯を食べたりします。
(うちがごちそうになることが多いですが
小学二年の甥っ子と、ぱんぱんと同い年の姪っ子がいますが
この二人は今のところバイリンガルで育っています。
普段は日本の小学校と保育所に通っているから日本語は
普通にしゃべれます、でも家では中国語オンリーなので
上のおにいちゃんは会話は不自由しないくらいに中国語も
しゃべれます。
下の姪っ子ちゃんは聞き取れるけど、中国語で話すと
いちいちママに会話を直されるのがイヤであまり話さない
みたい。  
でも、時々パパに単語を教えてもらう程度のぱんぱんとは
格段の差
イトコたちが中国語を話しているのを聞いて自分も
中国語風なホニャララ語は連発するものの(これはこれで
爆笑をかったけど)
やっぱり今までの私の怠慢がバレバレ・・
イトコたちと同じくらいに! とは思わないけど、
やっぱり、中国に帰った時に向こうのじいじやばあばと
意思の疎通ができるくらいには話せたほうがいいよなぁ・・
とりあえず、次の帰省までに
「のどが渇いた」 「おなかすいた」 「トイレ行きたい」
くらいは教えておこう。 (ってレベル低すぎ??)


テーマ:国際結婚
ジャンル:結婚・家庭生活

ばにらくっきー

2006.09.19 22:32|ぱんぱん
ぱんぱんの幼稚園は年少さんは一時半に降園です。
ようするに半日しか幼稚園には行っていないのです。
一学期はお友達と午後から公園で遊んだりしていたのだけど
そのお友達が別なお友達と遊ぶようになったりして
午後からは少しヒマな時間が増えてきました
と、いうことは午後をなんとか充実した時間にしてやる
努力も必要?? 
おうちでノンビリばかりじゃぁ かわいそうだなぁ
と思って、今日はクッキーを作ってみました。

ぱぴえ堂・かよさんのいっしょに作る こどものおやつの本 ぱぴえ堂・かよさんのいっしょに作る こどものおやつの本
きむら かよ (2006/08)
主婦と生活社

この商品の詳細を見る


参考にしたのはこの本。

この中の「バニラクッキー」にチャレンジしてみました。
材料の中で使ってあるお砂糖が「きび砂糖」だったのだけど
わが家はふだん「てんさい糖」なのでこれで作ってみました。

20060919221102.jpg


ネリネリ ネンド感覚でたのしそうに作業しました。
一瞬、前回ドーナッツで失敗したのを思い出したのですが、
くわしくはこちら→卵は無理??
卵は卵黄半個だし、先月の検査では大丈夫だったし
なんて思って挑戦させてみました。

20060919221113.jpg


出来あがりはこんなかんじでした。
ム~ 本とはぜんぜんちがう出来あがり・・
夕方からとりかかって寝かせる時間が短かったからかなぁ
少しパサパサしたかんじでちょっとザンネン
でも、ぱんぱんは喜んで夕ご飯のあと
半分くらい食べてしまいました。
幸い今回は手が腫れることもなくホッ

きむらさんのこの本は他にもたくさん楽しいおやつ
が載っていて、いままでアレルギー用の質素系のおやつ本
(それはそれで好きなんだけど)
しか持っていなかったから、見ているだけでうれしくなる感じです。
次はどれをつくろうかな

テーマ:日常のひとコマ
ジャンル:育児

セプテンバーコンサート

2006.09.14 23:25|未分類
ここのところ天気が悪くて親子で「ゴホゴホ」
と不協和音を奏でている我が家です。

5年前の9月11日
そろそろ寝ようかな・・
と支度をしながらぼけ~とテレビを見ていた私たち。
最初は
「なんで飛行機がビルに突っ込んでるの?? とんでもない事故
になったね」
なんて見ていたのですが、二機目が同じ運命をたどっていった
瞬間、悪夢の時代が再び始まったような重い気持ちになったことを
今でもはっきり覚えています。

セプテンバーコンサートを知ったのは
去年行ったライブで知ったうみねこやさんのHP
昼間のコンサートだし、歌好きなぱんぱんに見せたら
よろこぶかしら なんて思って行ってきました。
と、いっても
「蒸し暑いからプールに行こうよ」
というパパ&ぱんぱんたちは今年最後のプール遊びに
なんと、所沢の西武園ゆうえんちまで遠出
先に私だけ広尾のライブ会場に行って後から二人が合流という
ハードスケジュールになりました。

うみねこやさんのライブに間に合った私は
一人で堪能
曲は蘇州夜曲の中国語バージョンやディズニーメドレー
世界にひとつだけの花 などおなじみの曲や
CMで聞いたことあるけど全部を聞くのは初めての曲など
なによりうみねこやさんたちの完成度がむちゃくちゃ高い
アレンジやハーモニーにうっとり
結局二人は最後の曲にギリギリ間に合っただけでした・・
でも、そのあとのライブはぱんぱんもおとなしく(というか
疲れて半分眠りながら?)聞いてくれて最後の
「WE ARE THE WORLD」の大合唱まで楽しく過ごしました。

私がひろしま(県)出身だからか
二つの祖国を持つ娘の母親だからか
わかりませんが、
「世界にはいろんなことがあるんだよ」
ということを、ぱんぱんが小さい時期から触れさせて
いきたいな。 と思っています。
もちろんシリアスなことばかりじゃなくて
今回のような楽しいライブやイベントを通じてだけど。

平和の種を子どもに植え付けられるのは私たちの特権
だもんね







おまつり

2006.09.09 23:33|ハハひとりごと
お祭り好きな私。 
実家の夏祭りはなぜか毎年帰っています。
その娘のぱんぱん。
「お腹にいた時どうだった?」
のハハの質問に
「トン トン トンって音がした」
と太鼓をたたくマネをしました。
確実にお祭り好きが遺伝したようです。

今日は引越しをして初めての地域のお祭りでした。
今日、御輿が出るのは知っていたけど、うちのマンションの
前を通るとは思っていなくて、夕方にでも振る舞いの
焼きそばとかを食べに行こうかなと思っていました。

だけど、お昼過ぎに
「ドンドン カッカ~」
と音がするので、ぱんぱんに
「お御輿きたよ~ 見に行ってみる?」
と聞いたところ目の色が変わり
「行く~」
とのこと、 ネットゲームをしていたパパが
「暑いからいいよ(行かないよ)」
と言うと、なんと大泣き
今まで泣いてどこかに行きたいと訴えたことがないぱんぱんの
大泣きにビックリして、仕方なく私が連れて行くことになりました

お御輿を追っかけてみると子どものお御輿でした。
前を山車が歩いて、小さいけど立派なお御輿を見てうれしそうな
ぱんぱん。
「見たから帰ろうよ」
と言う私に
「ん~ まだ帰らない~」
と渋られて、なんとなくそのお御輿の後を歩いていると
休憩ポイントまでついて行ってしまいました。
それでもそこから帰りたがらないのでウロウロしていると
「あらっ まだアイスもらってないの?」
と粋にハッピを着こなすおばさんからアイスをいただいて
しまい、
「うちは町内会じゃないので、ご祝儀も出していないのにすみません」
というと、
「あら いいのよ、町内会じゃなくても!
近くの子どもは関係ないわよ まだお嬢ちゃんお御輿は
無理だけど、最後までがんばって山車を引っ張ったら
お菓子いっぱいもらえるから、よかったら最後まで歩いてね!」
と、赤い襷を下さいました。

ぱんぱんはうれしそうに
「わっしょい わっしょい!」
と汗でびっしょりになりながらけっこう長いルートを
山車をひっぱり、ぐずらずに歩きました。
最後にお菓子をもらえて、満面の笑顔でした

私は、町内会のおばさんの言葉がうれしくって
じーん
夏前まで住んでいた場所も下町のチャキチャキで、
お祭りには御輿も出ていたけれど、とても中に入れるような
雰囲気はなかった。
マンションの部屋の窓からただ眺めて、雰囲気だけ楽しんでいた。
「東京だから、(お祭りに参加なんて)ムリだよなぁ・・」
なんてちょっと寂しくなってしまったり・・

でも、今年からは、ぱんぱんもお祭りに参加できるし
なんだか、私も地域に受け入れてもらえたようで
この土地に愛着がわいてきました
来年も「わっしょい」できるといいなぁ

ぱんぱんのこの夏のはじめて その2

2006.09.02 14:20|ぱんぱん
すこしずつ 秋の気配がしてきますね。
この時期なぜか稲垣潤一の「夏のクラクション」が
頭の中でつねに流れている私はいったい何歳なんでしょう

さて、ぱんぱんの幼稚園ではいろいろな小動物を飼っています。
春先にはクラスで小鳥を飼っていたらしいのですが、夏を待たずに
天国に逝ってしまったらしく、子どもたちはしばらくその話ばかり
していました。

小鳥のいなくなってしまったぱんぱんのクラスに
年中さんのクラスからやってきたのはザリガニ
「夏休みには持ち回りで飼育していただきます~」
なんて話を先生からなにげに聞かされていたけど、
内心 「ザリガニってくさそうだな~
なんて思っておりました。
妹に話すと
「ザリガニ飼うん~? しんじられ~ん ザリガニなんて
家の前の川にワサワサおるで 
ありゃあ飼うもんじゃなくて採るもんよ

そうだったよな~ 水槽の中で見るものじゃなくて川に生きてる
のを見つけたほうがよっぽど正しいわ
などとブツブツ思っておりましたが

いざ、我が家に来たザリガニ君 意外にもかわいくて
ぱんぱんも私もすっかり可愛がっておりました。
でも、期間は10日間。  
あっという間にお別れの日がきて、午後から次のお友達の
ところへ持っていくという午前中 ぱんぱんが
「ザリガニ君がふたつになっとるよ~(ばっちりビンゴ弁)」
と言うので
「あ~あ この子は夏ばてが頭にきたのかしらん
なんて思いながら水槽をのぞくとなんと

脱皮してる~~

見たい?


続きを読む >>

テーマ:夏休み
ジャンル:育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。