07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ぱん母

Author:ぱん母
歓迎光臨!
中国(吉林省)出身のパパと日本人のママの間に生まれたぱんぱん(9歳 女の子)のこと、最近はまっているパンや刺繍のことなど、日々つれづれに綴っています。

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

いまなんじ?

最近の記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリー

ブロとも一覧


☆りんごの木の下で☆

お気に入りの場所です

ポチっとよろしくです

ランキングに参加してみました







にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

こちらもぽちっと

クリックすることで募金になります。 クリックした方の負担はありません。

今日はどんな言葉?


presented by 地球の名言

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

2006/10/24から

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウン

2007.08.29 23:23|パン修行中
20070829230739.jpg


パン教室で最初に習った「アーモンド」というパンなのですが
ぬり卵も上にのせるアーモンドも省略しました
粉の分量が少ない上に 全卵一個 バターたっぷりの生地なので
こねてもこねても粘る粘る 捏ねあがりがイマイチわからぬままの
発酵になりました
でも 出来上がってみるとかわいい焼き色もついて
久しぶりにうれしい出来上がりです
卵が入ると ふわふわでおいしいなぁ 

最近のぱんぱん 
「なんで? なんで?」攻撃が始まりました
答えのはっきりしている内容の質問ならいいけれど
答えようのない質問だったり あまりにしつこいと
夕方には私がぐったり 
「発達中 発達中」
と心でつぶやく毎日です

 
スポンサーサイト

テーマ:手作りパン
ジャンル:趣味・実用

チーズパン

2007.08.27 23:32|パン修行中
20070827231852.jpg


やっと 生活が落ち着いてきました
思えば 新しいオーブンレンジを買って まだ数えるくらいにしか
パンを焼いていません 前のオーブンレンジよりかなり庫内が
大きいので 焼成の時間や温度がわからず 焼いても
なんだかなぁ の出来だったり・・
やっと 焼き色のついたパンが出来ました
でも 久しぶりに作ると 生地がだれているし クープも
ゴツゴツだし(思わず「ガッツくん」って名前をつけようかと思いました)

でも パンを焼くことを覚えたのは私にとって
とてもいい気分転換(ストレス発散ともいう)になっています
悲しいことや悔しいことがあっても 生地に向き合う
時だけは少しだけ忘れられるからです
逆にうれしいことや楽しい時には よりワクワクして
焼き上がりを楽しみにしたり
おいしく出来ればすぐになくなってしまうパンですが
だからこそいいんでしょうね

テーマ:手作りパン
ジャンル:趣味・実用

夏休みイベント終了(にしたい)

2007.08.24 15:16|ぱんぱん
20070824145924.jpg


「大人の夏休みしない?」
とのお誘いで 三島に実家のある園ママのところに
二泊三日で遊びに行ってきました
コドモ七名ママ六名が 合宿状態でおじゃましました
コドモは 大興奮 ママたちも行くまでは遠慮がちでしたが
自分の実家よりくつろいで 夜遅くまで話し込んだり
楽しい合宿になりました

ぱんぱんも みんなで行った市営プールで
大好きなSくんが わずか二時間で顔をつけて泳げるようになる
姿を見て(スポーツインストラクターのママに指導してもらって)
「ぱんぱんも 顔をつけて目を開けられるようになりたい~」
と その日の寝入りばなに発言(プールで言えばいいのに)
でも プールが浮き輪で遊ぶだけのところじゃないことが
わかった模様

三島は富士山の沸き水があちこちに出ていて
さわやかで すがすがしい所でした
来年も行きたいなぁ やっとハハの夏休みが出来ました

我が家の将来

2007.08.20 21:36|ハハひとりごと



先日 めずらしく大連の家に電話していたパパ
「挺好(ティンハオ) 挺好」
を連発し機嫌よく電話を切りました(いつもは義母に「タバコ
やめなさいっ」と怒られてスグに切ったり^^)
どうも 大連に住んでいる義弟がドイツのベンチャー企業の
現地法人の代表になれたらしい
実は義弟夫婦は今まで奥さんの収入のほうが良くて
マンションや車を買ったりできたのも そのおかげだったり(したらしい)
今度の転職で収入は奥さんと同じくらい 運転手付きの車も
使えて待遇もいいらしく 義両親はホッと胸をなでおろしている

それで 私もパパに聞いてみた
「パパは本当に中国に戻る気はないの? 上海くらいだったら
私もぱんぱんもがんばれるよ?」
パパ 「(首を振って)中国で仕事はしないよ 中国はまだ環境も
人も質が向上していないし 日本に慣れたし 
もう20年近く日本に住んでいるよ? それにもう中国のことは分からないよ」
・・やっぱりそうか 日本でがむしゃらに働いて 気が付いたら
日本人の奥さん(中国語の話せない)もらっていて 今さら方向転換
は出来ないよね
と いうことで我が家はこのまま日本に住み続けることになるようです
でも 将来義両親の介護が始まったりすると 状況は変わるかも・・
いや マイレージが貯まるばかりで移住はないだろうなぁ



兄さんといっしょ その3

2007.08.19 15:26|未分類
20070818145109.jpg


さて 無事にキャンプも済んだあと 我が家が向かったのは
船橋のふなばしアンデルセン公園でした
ここは以前幼稚園のお友達と遊びに来たことがあって
広くて アスレチックがたくさんあって 今の時期は
水遊びも出来る まさに兄さん世代大喜びの公園なのです
アスレチックがあるところは森のようになっていて
付き合う私達も気持ちラクなので 二人には思う存分
遊んでもらいました 
ふだん 車社会の生活の兄さんは 東京っ子のように
電車やバスにはめったに乗りません と 言うことは
移動のために歩くことなんて 学校の登下校くらいです
なので 広いアンデルセン公園を歩くことができるのか
少し不安もあったのですが 単なる移動と遊び歩きは
ちがうんですね 
「もう帰るよ」 と言っても渋るくらい楽しかったようです
結局開園から閉園までみっちり遊びました

このサファリ旅行とキャンプ旅行以外にも
サンシャイン水族館やとしまえんのプールにも
行き 17日の飛行機で帰るまで兄さんはわりといい子
で(もちろん 私に叱られることも多々ありましたが)
ぱんぱんも擬似兄妹が経験できて
私はぐったり コドモ大喜びな夏休みになりました
あぁ いつになったら私の夏休みは来るのでしょうか・・



兄さんといっしょ その2

2007.08.18 22:23|未分類
さて サファリパークの次には
キャンプです どうしてキャンプなのかというと
パパが「キャンプ」というものを経験したことがなく
一度やってみたいと 夏が近づくにつれうるさく言われていた
のですが 私は キャンプ=中学校の夏の野営(しかもサバイバル的)
な思い出しかなく しかも家族三人でテントに泊まっても
たいして楽しくなさそうだしなぁ  とかなり二の足を踏んでいたのですが
兄さんが来ているなら きっとこの位の年の男の子は喜ぶに
ちがいなし! と急遽決定したのでした

場所は成田ゆめ牧場  キャンプ用品がすべてレンタルできて
牧場で遊べる しかも予定の二日前でも空きがあった ということで
すぐに決めました

20070818145049.jpg

さて 到着後さっそくテントの組み立てです
「最近のテントは黄色じゃないんだ・・」
と一人つぶやくぐらいアウトドア初心者の私と 張ってあるテントしか
見たことがないパパ そして
「小学校で野外学校したよ~」 となんとも心強い兄さん
でも 袋から出したテントはただの袋・・ なにがなにやら
わかりません しょうがないのでスタッフのお兄さんに
手伝ってもらって なんとか張ることが出来ました

テント張りが終わると 夜のバーベキューのお肉の買出しに
行き そのあとやっと成田ゆめ牧場に入りました

20070818145133.jpg

観光牧場好きのぱんぱんは手馴れた様子で乳搾り体験
観光牧場に行ったことのない兄さんは大興奮で乳搾りをしたようです
ヤギと戯れたり 釣堀を楽しんだあとは
テントに戻ってバーベキューです
せっかくなので 飯盒でごはんを炊くことにしたのですが
私も炊き方をすっかり忘れ パパは初体験 肝心の兄さんは
虫取りに行ったまま帰ってこず 
ブクブクと吹き零れる飯盒を前にケンケンガクガク なんとなく
水分がなくなるまで炊き上げて おっかなびっくり食べてみましたが
無洗米だったのが良かったのか案外おいしく食べられました

バーベキューの後は のんびりと夜を過ごすハズだったのに
コドモ二人の「暗くて電気がなくてつまんな~い」
の言葉にがっかり  さっさとシャワーをさせて寝かしつけ
満点の星を楽しんだ後 テントで就寝
実はパパが一番心配していたのが テントで寝ること
私が
「要は土の上に毛布をひいて寝ることだからね」
と言ったことにビビッていたのか 
「できればコテージとかがあればそのほうがいいよ」
なんて弱腰でしたが いざ寝てみると案外涼しく
イビキをかいて寝ていました
そして 朝はなんと五時半に起床~
十分お日様が明るくて 本当に久しぶりに気持ちのよい目覚めでした
朝ごはんをパンで簡単にすませ テントをたたんで七時過ぎには
次の目的地に出発です
次はどこって? それはその3につづくのです~

兄さんといっしょ その1

2007.08.18 14:46|未分類
暑い暑い夏になりましたね
ハハの実家から戻って早10日あまり 更新もせずに
ブラブラしていた訳ではなく 怒涛の夏休みを過ごしておりました
なぜなら 
ハハの実家から 兄さん(小学校五年生 クルクル坊主の男の子)を
連れて帰っていて 忙しくあちこちと連れ歩いていたのです

まずは 群馬サファリパーク

20070818145014.jpg

いつもは自分の車で入るのですが 今回はエサバスに乗ってみました
草食動物用の草と ライオン用の馬肉と鶏肉をやれるのです
ですが バスの中からはシマウマが食べてくれず
20070818145204.jpg



途中のふれあい広場でロバにやることに・・
20070818144313.jpg

エサはバスの小窓からやります
ライオンはパクパクと食べてくれましたが
迫力に押されて写真は撮れませんでした
このエサバスから人間が差し出すお肉を食べられるのは
ボス二頭だけ あとのライオンはこの二頭が食べない時だけ
順番に食べられるそうです(でも そんなことはほとんどないそう)
ライオンのボスになれるのは鬣が茶色でフサフサした
顔の大きなオスだそうです 顔なんですね~ 
他にも トラは肉食動物で唯一共食いする動物だ
なんて おもしろい話も聞けて 自分たちでただ見てまわる
よりも 楽しいバスでした

本当に暑い日でしたが 案外動物は元気でバテているのは
人間(というか私)だけのよう
お盆の時期の車移動は つらかったけれど
コドモ二人は満足マンゾクのようでした



宮島へ

2007.08.11 14:47|未分類
20070811142459.jpg


やっと実家から帰ってきました
長いような短いような・・ でもぱんぱんには楽しい
「ばぁばのいえ」だったようです
「ばぁばのいえ」は車社会の地域なので 車に乗れないと
どこにも行けません 東京に住み始めてからペーパー運転手の
私は今さら運転するのが年々億劫になっていて実家に帰っても
だれかに乗っけてもらうばかりです
今年は ばぁばも私の妹も忙しく チビさんたちをなかなか遊びに
連れて行くことが出来ませんでした

そこで一念発起して宮島の水族館へ電車で行くことにしました
メンバーにいとこのチビちゃんを加えての長旅でした
途中 新幹線にも乗り フェリーにも乗り
なんとか降り立った宮島で
20070811142519.jpg

たくさんの鹿にビックリの二人
ぱんぱんは動物に慣れっこですが ちびちゃんは初めての鹿に
最初はコワゴワ でも大人しい鹿に(ここでは神獣ですね)大喜び
10分もすると 

20070811142534.jpg

この通り

そして 厳島神社を参詣して お目当ての宮島水族館へ
20070811142608.jpg

残念ながらラッコはいなかったのですが 夏休みなのに
ガラガラの水族館で ペンギンとたわむれたり
20070811142624.jpg


夕食を「ちからのうどん」(広島に行くと必ず食べたいうどんなんです)
で済ませ 帰りの新幹線はチビたち二人は寝るのも忘れ
おしゃべりに花を咲かせ(こんなに小さくても女二人だとこんなに
しゃべるんだ・・とびっくりするくらい)
思う存分二人で遊んで楽しい思い出になったようです

でも4才児とはいえ 二人を連れて歩くのはタイヘン!
二人も三人も子供さんのいらっしゃるお母さんを
あらためて尊敬してしまう ハハでした

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。