07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ぱん母

Author:ぱん母
歓迎光臨!
中国(吉林省)出身のパパと日本人のママの間に生まれたぱんぱん(9歳 女の子)のこと、最近はまっているパンや刺繍のことなど、日々つれづれに綴っています。

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

いまなんじ?

最近の記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリー

ブロとも一覧


☆りんごの木の下で☆

お気に入りの場所です

ポチっとよろしくです

ランキングに参加してみました







にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

こちらもぽちっと

クリックすることで募金になります。 クリックした方の負担はありません。

今日はどんな言葉?


presented by 地球の名言

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

2006/10/24から

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時が滲む朝

2008.08.26 23:13|ハハひとりごと
北京オリンピックやっと終わりましたね
開催前はヤンヤと叩かれ 始まるとメダルの色ばかり追いかけ
終わったら今後の北京はバブル崩壊で終わりだ~ と叫ぶばかりで
他の論調はないのかと さすがにうんざりしているぱん母です

「そういえば 読まないの?あれ」
と昨日オットに聞かれ そういえば と読んでみました

時が滲む朝時が滲む朝
(2008/07)
楊 逸

商品詳細を見る


芥川賞が発表になり 中国人の初受賞とさわがれていた頃
その賞自体を知らなかった夫さんに 
「すごいことなんだよ(詳しくは知らないけど)」
と教えると 発売日に買ってきました
「この人の文章力がどの程度か知りたいんだよ」
なんて言っていましたが 同胞としてうれしい気持ちもあったのかもしれませんね
私とぱんぱんが遊びに行っていた休日に読んだようです
感想は?
「う~ん まぁ 特にないよ」
でした 
あれ?天安門事件がらみの青春物語じゃないの?
と思っていたのですが その時すでに働いていた彼は
同じな様な ちょっと違う様な複雑な気持ちだったようです

そして促されて読んだ私は
「う~ん まぁ 特にないな・・」
主人公はまさしく当時 私と同年代の大学生 貧しい農村から大学に
進み 初恋も知らない少年達が あの天安門事件の渦のなかに
巻き込まれ 不覚にも事件を起こし挫折していく・・
といったあらすじなのですが・・

文章が不慣れなのは まぁ大目にみましょう
でも 内容が本の帯に書かれている
「中国民主化勢力の青春と挫折」に見合うほどでないというか・・
不慣れな文章の感じを残す為に 推敲が甘くなったというか・・
でも 文芸春秋が文芸のジャンルで出した本なのだから
まぁ 良しとされるんだな・・ チャレンジを買ったのでしょうか・・

でも 作者の 楊 逸さんのいろいろなインタビューを読んでいると
これからの作品に期待が持てそうな 聡明な雰囲気の女性で
このチャンスをぜひモノにしてもらいたいな
なんてね 文芸系の読書が結婚以来 8年ぶりぐらいだったので
期待が大きかったのかも^^;) 






スポンサーサイト

テーマ:感想
ジャンル:本・雑誌

鞆の浦へ

2008.08.19 23:27|未分類
♪ぽ~にょぽにょぽにょ さかなのこ~♪
と 幼稚園児ならだいたい口ずさんでいるポニョを
実家に帰っていたときに見ました
「ポニョって 鞆がモチーフなんだって~」
とは聞いていたのですが 本当に映画は鞆の浦の雰囲気満載で
海といえば 鞆か尾道あたりを指し 小さなころから
身近に過ごしてきた私は お話だけでなく その映画の
空気感とか細かなディテール(スーパーTOMO)とかに
すっかりはまってしまいました^^)
だから というわけではなかったのですが
最終日の日曜日の海水浴は鞆の浦に行きました

しゃしん 943
鞆の浦から船に乗って5分 仙酔島へ渡ります 
もう お盆も過ぎているのに船はたくさんの人でした

しゃしん 945
さっさと着替えて 準備体操をして海へゴー!
波もなく小さな入り江になっているので この位のコドモには最適でした

しゃしん 951

しっかり遊んでカキ氷を食べて
しゃしん 956
帰りに 阿伏兎(あぶと)観音へ
ここは 海難除けと子授けのお寺 この断崖のお堂に登ると

しゃしん 955
絶景なんです でも足もすくみます

今回は海水浴メインで行ったので 街中を歩けなかったのですが
何年か来ないうちに ずいぶん町並みも観光地らしくなり
色んなお店に変わっていて いつかゆっくり歩きたいな と思いました
それはいったい いつになるかはわかりませんが;;)





テーマ:☆夏休み☆
ジャンル:育児

残暑お見舞い申し上げます

2008.08.19 16:09|未分類
私の実家からやっと帰ってきました
今年はパパと時間差を作らず 一緒に行って一緒に帰ってきたので
ぱんぱんは超ラッキーな夏休みになりました
なんたって 夏には海とプールに行かなくてはならないと
決まっている人と帰ったのですから

プール(パパとじいじといとこ達)
海(パパとおじさんといとこ達)
ポニョ(パパとおじさんはゴルフ その他のメンバーで)
海(いとことばぁばとわたし達)
と ゴールデンなバケイションだったのです

そして 今回の帰省前に 
「流しそうめんが食べたいなぁ~」
とありえない要望を出した孫のために ばぁばが作ったのは
なんと

しゃしん 921
流しそうめん!
ふとん干しが泣かせます 竹はおじさんに切ってもらい 節もきれいにとってありました
発泡スチロールで作った台の傾斜も よく考えてあって
絶妙な流れ具合! 
ふだんはそうめん嫌いな人たちもありえないくらい盛り上がって
食べました

いとこのちぃちゃんとも仲良くケンカしながら 
たくさんの親戚に可愛がられて
久しぶりの田舎ライフを楽しんできました 
でも 今回一番楽しんだのは パパでしょうね なんせ
二回もゴルフに行って 二回も海水浴して ぱんぱんよりも
真っ黒ですから 
さぁ~ 残りの三週間どうやって過ごしましょうかね 
年々 体力のつく娘さんについていけない夏バテ真っさかりのハハです


 

テーマ:☆夏休み☆
ジャンル:育児

北京オリンピック

2008.08.11 23:45|中国
とうとう始まりましたね 北京オリンピック
基本的にスポーツ観戦に意味を見出せない私
でも北京でオリンピックなんて最初で最後かも・・
と 生まれて初めてオリンピックの開会式を見ました(もちろんテレビで)
これは ぱんぱんにも見せておかないとな~
と大晦日以来 特別に三人でテレビの前に座りました
最初のショーはただただ感動~

さすが 張芸謀 こういう切り口で中国を表せば ここのところ
良い評判のない中国にも だれも口出し出来ない文明があり 
力強い未来を担う若者がいて そして それは小さな子供たちに
つないでいくものなのだということを 世界にダイレクトに発信できたのでは
ないでしょうか 
ふだんはマイナスイメージしか報道しない外国メディアも
こればかりは批判できるものじゃないもんね

たしかにすごい勢いで変化しつづける 中国
でも 日本だって 戦後ものすごい勢いで復興したはず
そのときの人口は一億いないはず
だから 案外うまいこと発展できたのではないでしょうか
でも それは本当に良い発展だったのか 日本が良い国に
なったかの答えは?ですよね
そして 改革開放が始まった時点で その十数倍もの人口を抱え
膨大な国土と 立ち遅れた産業 たくさんの少数民族を抱え
ギリギリの判断での改革開放・・ あらゆる点で スタートが
日本とは違う気がするのです 清濁いろんなものを内包しながら
十数億の人の為に ただ進むしかない泥道をいく巨大なダンプカー
のような気がするのです
もちろん 諸手を挙げて中国大好きなわけじゃないです
でも なんだかんっだあっても 中国がやっと世界の一員として 
がんばってるんだよとアピールできた このオリンピック開会式 
私は素直に感動することにしました

いろんな思いを持ちながら見ている私達を尻目に ぱんぱんは
さすがに各国の入場が始まるころには ダレダレ
でも 聖火がどういうふうに点火されるのか見たい非情な私たち
暗黙の了解でテレビ前で寝かしつけたのでした^^;)
 
たしか開催が決まった当時には
「北京でオリンピック? 北京のどこでするんだろう?あ そういえば
そんな名前の体育館があったっけ?」
なんて思っていましたが あらゆるものをなぎ倒し
近代的な姿に変わっていく北京の様に 
次に行くのがコワいような気分でいます
だって なにもかも変わってしまって きっと私の知っていた
北京ではなくなってしまっているでしょうから
でも 天壇公園の前の「老北京」の三不粘(サンプーチャン)
食べに行きたいなぁ(もう お店がないかしら;;)

夏期講習

2008.08.05 23:55|ぱんぱん
ここ数日 熱帯雨林にバカンスに出かけたようなスコールの
降る東京です 雨が降っているのに異常な蒸し暑さ・・
どうなるんでしょうか ほんとうにこれからの温暖化 不安ですね

さて そんなことは気にもしない五才児ぱんぱん
毎日の~んびり~♪ と引きこもっています・・
きっとこうなるだろうと見込んで 夏休み前に 某英会話教室の
夏期講習を申し込んでおきました
通常一ヶ月分(月4回)の授業料で六日間のレッスン!
やった~ お得じゃない~♪ということで即決
かれこれ一年くらい前からの希望をやっとかなえてやることができました
去年の希望はコチラ→えいごとちゅうごくご

初日はぱんぱんも教室に行く道すがら
「My name is ~~ I’m 5years old」
とブツブツ それは真剣にブツブツつぶやいていました
うかがった教室は個人のお宅だし きんちょうした面持ちで
入っていきましたが お迎えに行くと
「See You!」
なんて声が弾んでいるじゃありませんか
「シーユー」
なんて単語知っていたことにも驚きましたが(NHKのおかげです)
かなり レッスンが楽しかったようで 初日は一日中
レッスンブックを離さず気分は英語を話す人だったようです
パパが帰って来てからは ふたりでアルファベットの発音や
単語の発音を延々とレッスン
そんなに英語に興味があったのか と私がビックリしてしまいました
いつまで飽きずに続くことやら・・
ハハの休憩時間の為に受けさせたつもりでしたが
予想以上に楽しんでくれているので ヨカッタヨカッタ
 


テーマ:5歳児の日常
ジャンル:育児

箱根で成長?

2008.08.04 00:07|ぱんぱん
ぱんぱんの幼稚園は 時々大胆な保育があります
二月の豆まきの鬼が ほんとうに怖いとか^^;)

年中さんは夏の終わりにお泊り会(これはふつうかな)→お泊り会
なのですが 年長さんはなんと箱根合宿があります
新宿からロマンスカーに乗って 箱根でいろんな遊びを
楽しみ(海賊船に乗ったり) 次の日も午後まで遊んで帰って来る
のですが 親はもちろんお留守番! 
先生たちと子供たちだけの合宿なのです

長くなりました よかったら読んでいって下さいな↓


続きを読む >>

テーマ:5歳児の日常
ジャンル:育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。