03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ぱん母

Author:ぱん母
歓迎光臨!
中国(吉林省)出身のパパと日本人のママの間に生まれたぱんぱん(9歳 女の子)のこと、最近はまっているパンや刺繍のことなど、日々つれづれに綴っています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

いまなんじ?

最近の記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリー

ブロとも一覧


☆りんごの木の下で☆

お気に入りの場所です

ポチっとよろしくです

ランキングに参加してみました







にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

こちらもぽちっと

クリックすることで募金になります。 クリックした方の負担はありません。

今日はどんな言葉?


presented by 地球の名言

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

2006/10/24から

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎのがっこう

2007.02.06 11:25|ぱんぱん
日曜日 ぱんぱんと二人で新宿におでかけ

行き先はプーク人形劇場です

20070206103033.jpg


今年で創立78周年の歴史ある人形劇団で
NHKの子供番組の人形劇などは よくこちらのものが出ていたりします
私たちが観たのは「うさぎのがっこう」と「ねずみくんのチョッキ」
の二本立てでした
20070206103043.jpg

(右下の赤いものは ねずみくんのチョッキです)

劇場はと~っても狭くてイスもベンチが並べてありました
でも 前列三列くらいは子供席が設けてあり
一人で座れる子供たちはそこで観ることもできました

最初に上演されたのは「ねずみくんのチョッキ」
私はてっきり舞台の上にさらに人形劇用の台が出てきて
その中で上演されるのかと思っていましたが
演者の方が人形を手に持って演じるタイプの劇でした
最初とまどいがありましたが どんどんとお芝居の中に
引き込まれていって 
ねずみくんのチョッキがどんどんと伸びていくところでは
子供も大人も大喜び 短い劇ですが ねずみくんの心が
よく表されていて楽しめるものでした

二本目は「うさぎの学校」
こちらは六羽の一年生うさぎ達の一日のお話で
パペットを使ったものでしたが 
演者の方が跳んだり はねたり 踊ったり
小さな舞台なのに とっても躍動感のあるお芝居でした

人形劇なんて コドモ用のもの?
なんて思っていましたが よく練られた構成や
演者の方々の無駄のない動き 
なにより あれほど子ども達のキラキラした表情や熱気を
引き出せるなんて すばらしいな と思いました

東京に住んでいると 自然やおいしい空気などを
子供に与えることは出来ないけれど
こういった質の良い文化に触れることができます
できるだけ そういった機会をぱんぱんといっしょに
楽しみたいな 

あっ プークは地方での公演もあるようです
お近くで見かけたらぜひ観てみてくださいね


テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:育児

コメント

marukoさん♪
marukoさんもプークのことご存知でしたか^^)
楽しかったですよ♪ 親子連れが多かったのですが、三世代で来られている方々もいらっしゃいました
うふふっ ねずみくんの絵本はこのためだったのですよ~ 劇のほうが絵本よりもお話にふくらみがあって私は劇のほうが楽しかったです^^) 行きたくなったでしょう~~?

カタログハウスのお店ありましたね!
私も「帰りに寄りたいなぁ」
と思っていながら すっかり忘れていました
次回は先にお店をみてから・・ のコースにしてみます

この人形劇場のこと、私もお友達にいいわよ♪って教えてもらって
いつかいつか…と思っています
いいな~ほんとに楽しそう♪
先日古本屋さんでねずみくんの絵本、ゲットしていらしたのは
このためでもあったのかしら?

ちょっと駅から歩くんですよね…
近くに通販生活のお店があるので場所は知ってるんですよ、へへ
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。