11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ぱん母

Author:ぱん母
歓迎光臨!
中国(吉林省)出身のパパと日本人のママの間に生まれたぱんぱん(9歳 女の子)のこと、最近はまっているパンや刺繍のことなど、日々つれづれに綴っています。

カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

いまなんじ?

最近の記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリー

ブロとも一覧


☆りんごの木の下で☆

お気に入りの場所です

ポチっとよろしくです

ランキングに参加してみました







にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

こちらもぽちっと

クリックすることで募金になります。 クリックした方の負担はありません。

今日はどんな言葉?


presented by 地球の名言

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

2006/10/24から

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱狂の日

2007.05.06 23:40|未分類
20070506224819.jpg


上野動物園に行った次の日はラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 
「熱狂の日」音楽祭2007~民族のハーモニー~

という東京国際フォーラムであったクラシックのイベントに行ってみました このイベントは世界中から集まったクラシックの演奏家たちの演奏を格安で楽しめるという ありがたいものなのですが
その中に 「0才からのコンサート」 という赤ちゃんから来ても
いいよっというものがあって 
これなら クラシックのコンサートなんていったことのない
私やパパにも やさしいんじゃないかな?
と思い 行って見ました

私達が聴いたのは
スペインのビルバオ交響楽団の
グリディ:サルスエラ「農場」より第2幕への前奏曲 (スペイン)
ラヴェル:ボレロ
ファリャ:バレエ音楽「三角帽子」第2組曲 (スペイン)
の三曲で45分ほどの演奏時間でした

有楽町の駅に着くまで このイベントがどんなものだか
考えずにいたのですが 駅についてびっくり!
上野どころじゃない 人の多さ!
そして私達が入ったホールにはびっしりの大人と子供たち
わたしたちも開演ぎりぎりに入ったのですが 時間になっても入りきらない
ほどの人でした

そしてなんと司会は青島 広志さん
楽しいお話の中に ちゃんとコンサートの心得を
教えてくださって(指揮者が入るときには たくさん拍手するとか
演奏が終わって奏者が退場するときには最後の一人にまで拍手するとか)
なごやかにコンサートを観ることが出来ました

さて 肝心のぱんぱんですが 最初の一曲目は なんとか
聴いていましたが 二曲目の「ボレロ」では遊びだし
三曲目の「三角帽子」では 指揮者のマネを始めるという
想定内の行動でした・・・
まぁ いいんですよ 赤ちゃんは泣き叫び 途中退場者は
ひっきりなし というコンサートだったので・・
でも これでいいんだ と思われると マナーを教えられない
ので 次に行くときには ちゃんと事前に説明して
音楽を楽しみに行けるようになれるように しないとね
な~んて 思っていたより クラシックのコンサートが
楽しかったので 私が行きたいだけなんですけどね^^)


コメント

marukoさんっ!
ほんとうにニアミスなGWだったのですね^^)
marukoさんのおうちと同じなんてうれしいです~♪
4日にしたのは 私がボレロを聴きたかったからなのですよ(小学生の人とおなじです^^)
子供にとってはとってもうれしいコンサートですよね(娘はいまだに棒をふっています)
来年は我が家も 小学生のひとのように予習して行きたいとおもっています 
来年はコンサート会場で会えるかも! ですね^^)
そしてトラックバックありがとうございます。
私もこれからトラックバックさせてくださいね。

キャー!ぱん母さん!なんと我が家も5日でしたが
このコンサートにでかけたんですよぉ
このお休みの過ごし方こんなに一緒でびっくりやら嬉しいやら、ふふふ
司会、青島先生だったのですね、いいな~
5日の日は違う方でした…(誰だかわからない)
この日の曲目も魅力的で、どっちの日にしようか迷ったんです~
(小学生の人が特にスケートでおなじみのボレロにご執心だったの)
たしかに騒々しかったですね~
でもちびっこファミリーには本当にありがたいコンサートでしたよね!
こういった経験をもとに徐々に理解してくれれば…と思います
また来年も楽しみですね♪
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン

東京国際フォーラムで開かれているラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに行ってきました「熱狂の日」音楽祭というサブタイトルにあるようにゴールデンウィークの数日間、1時間弱のコンサートが1日中数箇所で同
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。