09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ぱん母

Author:ぱん母
歓迎光臨!
中国(吉林省)出身のパパと日本人のママの間に生まれたぱんぱん(9歳 女の子)のこと、最近はまっているパンや刺繍のことなど、日々つれづれに綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

いまなんじ?

最近の記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリー

ブロとも一覧


☆りんごの木の下で☆

お気に入りの場所です

ポチっとよろしくです

ランキングに参加してみました







にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

こちらもぽちっと

クリックすることで募金になります。 クリックした方の負担はありません。

今日はどんな言葉?


presented by 地球の名言

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

2006/10/24から

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えいごとちゅうごくご

2007.07.02 12:11|ぱんぱん
最近のぱんぱんは ずいぶんとなまいき お姉ちゃんらしくなって
お友達と遊ぶときも自分らしさをだせるようになってきました

そんなぱんぱんに最近よくお願いされることが
「えいごとちゅうごくごを勉強したい」
です しかも

えいご とちゅうごくご」
らしく  私が
「英語と中国語なら パパとおしゃべりしていたら勉強できるんじゃないの?」
と言うと

「え~ ぜんぶ えいごのひとがいいの~
なんて 返事
ふ~ん それって某NHKで
「ハ~イ レッツゲットゲ~ザ~♪」
と歌っているお兄さんみたいな人に習いたいってことかしら?
でも 週に一回 教室に通うだけでは 言葉の習得は
出来ないよ(すでにハハは経験済み) 
なによりバイリンガルはとっくのとうにあきらめたしなぁ~
でも本人が興味を示している今はひょっとしてチャンスなのかな?
なんて ぐるぐる
そんな 私の目に ふと今月の「母の友」が目に入った(定期購読中)



この中では 母語以外の言語習得は早ければよいというものでもなく
母語の基礎を作っておけば 母語での思考力も高まり将来の外国語学習
にも力を発揮する というようなことが書いてあり
確かに発音が良くてもその言葉で話したい内容を考えられない
ようでは 本末転倒だな・・ と感じました

そもそも ぱんぱんのバイリンガルをあきらめたのは
ぱんぱんの性質を考えてのこと

ぱんぱんが生まれる前の 私の中国人の子供のイメージは
「ワガママ とにかく自己主張が激しい 自分が一番じゃないとイヤ」
など「強いコドモ」だったのだけど
いざ 生まれてきた ぱんぱんは
「おとなしい モジモジ お友達になにかをされてもイヤが言えない」
なんて 普通の日本人系の女の子
言葉が出たのは普通くらいだったけれど
聞き分けが良く 自己主張もあまりなく 我慢してしまうタイプ
なのが1才くらいでわかったので 
この子にバイリンガルで接すると 発達に影響が出てしまうのかな?
と 感じ
日本語を母語にして 経験として小さなころから
いろんな言葉や国 世界があることを経験させてやる
という方向で決めたのでした

日中の二つの国を自動的にバックボーンに持つ ぱんぱんですが
そもそも 
「ハーフなんだから日中の懸け橋に・・」
とか
「半分中国人なんだから中国語もできなくちゃ!」
なんて親や周りの人間が決めてしまうのは 驕りなんじゃないか?
そんなことは 本人が成長したあと考えればいいことで
私達が出来ることは 将来 本人がやりたいと決めたことを
応援してやることくらいで
今出来ることは 好奇心の種をつまないで 育ててやることなんじゃないかな
なんて考えています

しかし これ以上習い事を増やすのは ぱんぱんの
体力的にも 家計的にも よろしくないぞ
と いうことでしばらくは パパに教えてもらうことにしました
それとも ぱんぱん ハハといっしょにブートキャンプに
入隊する? なんてね




  

コメント

りんすーさん♪
中国の詩の暗唱っていいですね^^)
四声も身につくし、短いから覚えやすいし!
中国では詩や成語をたくさん知っていることが
教養のあるしるしだって聞いたことがあります。
今から覚えていると将来大物かもっ!
うちにも 確か私の勉強用に買った子供向けの本が
あったような・・出して娘に見せてみようかな^^)
やはり、りんすーさんも悩まれましたか、
よかった私だけでなかったのですね^^)

「母の友」 小さな本でオシャレやステキなお母さん向けでは
ないですが、読んでいてほっとするような雑誌ですよ♪

うちも子供の言葉のことはいろいろ悩みましたね。そもそもうちの息子は、日本語すら出てくるのが人並み以上に遅かったので、その時点で早期バイリン教育は諦めましたが。本人は、中国語の詩を覚えるのが面白いらしいので、夫がぼちぼち教えていますが、全然実用的でもないですし、どうなるんだろうなあと気にはなっています(でも気にするだけ…かも)。

「母の友」は読んでいませんが、半月ほど前、在日外国人の子弟への日本語教育に関する新聞記事で、同じような内容のことを専門家の先生が語っていました。まず母語ありき、と。「母の友」も読んでみようかな。

monchouchouさん♪
言葉の問題って国際結婚のご家庭はどこでも
悩ましいことですよね。
将来どの国で暮らすかによって二言語が必要なご家庭も
あるでしょうし。
私が子供の言語の早期教育に積極的でないのは、
主人を見ているからかもしれません。
主人も英語は高校生くらいから、日本語は二十代半ば
くらいからの学習で、いずれもそれなりに獲得しているのでなんとかなるんじゃないか・・ なんて
でも、主人に「頭で考えるのは何語?」
と聞くと 「う~ん そのときによって違う」
という答えが返ってきたことがあって、
本人はなんとも思っていないようですが、
人によってはそれって精神的にどうなんだろう・・ 
と考えてしまったこともあり・・
とりあえず「英語や中国語って楽しい!」 と思える
程度の取り組みは細々と続けていくつもりです。

monchouchouさん入隊済みなんですか~! 
わたくし 出遅れてまだ入隊できておりませ~ん!
(気がついたときにはどこも売り切れでした;;)


そうですね、子供の資質って絶対にあると思います。二人子供を生んで思いますが、あきらかにそれぞれ性質が違います。その子にあった語学の習得法や時期があるはず。中国語に関しては・・・・家はどうも本人に任せるというわけにはいかないようです。
今は日本に暮してますのでなんなく日本語を話しますが、もしこれが中国に暮らし、中国語を話したなら、きっと日本語も・・・・と思っただろうな、と。ですから中国語を勉強してほしいという北京サイドの願いは私としては一応受け止めているつもりです。
それにしても、英語も中国語もご主人様から習えるなんていいな~。家は口だけ、毎日日本語だけで暮してます。
あ、ビリー私も入隊しておりま~~す♪
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。