05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ぱん母

Author:ぱん母
歓迎光臨!
中国(吉林省)出身のパパと日本人のママの間に生まれたぱんぱん(9歳 女の子)のこと、最近はまっているパンや刺繍のことなど、日々つれづれに綴っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

いまなんじ?

最近の記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリー

ブロとも一覧


☆りんごの木の下で☆

お気に入りの場所です

ポチっとよろしくです

ランキングに参加してみました







にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

こちらもぽちっと

クリックすることで募金になります。 クリックした方の負担はありません。

今日はどんな言葉?


presented by 地球の名言

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

2006/10/24から

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堂々めぐり

2011.03.30 11:06|未分類
「ここにいると時間がわからないんだよね~」
と、夜の歯みがきの時間をすっかり過ぎて怒られるくらい
のんびりと春休みを楽しんでいる娘さん。

春休みが終わった先のことを睨んで
モンモンとしているのは私。

東京のお友達にメールすると最初は
「大丈夫だよっ!」と言っているのに
「お水が家にあと一本なの、でも明日には買えるかもしれないから・・」
なんて悲痛な「だいじょうぶ」
なのです(すぐにお水おくりました)

オットは帰ってきた当初は
「できればこのまま転校して・・」
と言っていましたが、1年か2年こちらに転校して
放射線や放射性物質が落ち着いた頃にまた今の学校に
戻るというのは、ちょうど難しい年頃にも差し掛かるし
ぱんぱんが辛いおもいをするのではないか・・
ということと、私の母校の小学校は伝統的に荒れている学校なので
私自身が我が母校をお勧めできない(とほほ)などなどで
とりあえずは始業式までには東京に戻る予定にしました。

しかし、どうにもこうにも好転しない事態と放射線。
給食も心配だし、体育だって校庭でするんだよね・・
と、心配ばかりしてしまいます。
こちらでの私立への転入を考えてみたり、その場合
実家ばかりをあてには出来ないので、母子でアパートを借りて
暮らすか、いっそのこと東京の住まいを引き払って
東海地方にでも拠点を移すか・・
どれも少し現実的じゃない話です。

だけれど、赤ちゃんの頃から食物アレルギーとアトピーで
厳格除去食や外遊びの禁止、ここ2年間の数度に渡る
入院や手術、ずいぶんぱんぱんには大きな負担を掛けてきたのです。
これで、十代や二十代の人生の一番いいときに、いえこれからの
人生のために少しでも親が出来る努力で防げるものなら、
微量の被爆もさけてやりたい。

若い人のガンは辛いです。
弟を数年前にガンで亡くしたとき、こんなに辛いことが
まさか私に起こってくるとは思ってもみませんでした。
早いのです、本人が追いついて行けないくらい早いのです。
本当にこれだけは避けたい、ハハとしてはこの一念です。

なにが我が家のベストなのか、堂々巡りの毎日です。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。