09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ぱん母

Author:ぱん母
歓迎光臨!
中国(吉林省)出身のパパと日本人のママの間に生まれたぱんぱん(9歳 女の子)のこと、最近はまっているパンや刺繍のことなど、日々つれづれに綴っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

いまなんじ?

最近の記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリー

ブロとも一覧


☆りんごの木の下で☆

お気に入りの場所です

ポチっとよろしくです

ランキングに参加してみました







にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

こちらもぽちっと

クリックすることで募金になります。 クリックした方の負担はありません。

今日はどんな言葉?


presented by 地球の名言

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード

2006/10/24から

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カキョウ

2006.01.30 23:53|中国
昨日の中華街から帰って
ふと、感じた違和感。 以前はぱんぱんを中華学校に入れたらどうだろう? 
なんて思っていたのだけど、中華街は私たちにとっても
「遊びに行くところ」 つまり日常ではない。
パパ曰く
「中華街は昔からの華僑がいる所、僕たちのような新華僑は入るのは
難しいんだよ」
そうだろうなぁ 中華街で働いている人は圧倒的に中国人だけれど
中国人独特の”親戚筋”や”知り合い筋”でないと入れない世界なのかもしれない。
中華街には池袋にあるような東北菜(東北料理)の店はあまりないし。

そういう華僑の人たちの世界はイマイチ分からない・・
でも、長い時間をかけて培ってきた独特のものがあるんだろうな
パパのように留学から根をはって自分でひたすらがんばってきた
人達は、また別のネットワークを作っていくんだろう・・

イマイチあきらめきれなかった、ぱんぱんの中華学校進学
計画は、すっきりあきらめることにした。
中国語も英語も勉強できるミリョクはあったんだけど。

まぁ どうしても中国語と英語を習わせるなら
上海か北京に親子留学すればいいし
なんて夢のまた夢だなぁ・・





テーマ:国際結婚
ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。